本文へスキップ



  もてる女の条件

       もてる女のメール術




メールは短く端的メルテクの鉄則



     


恋愛 結婚情報

前回までのトピックでは、メールの件名、本文の最初と最後の効果的な使い方をお話しました。

件名に自分の名前を入れ、本文の最初と最後にも名前を入れることで、自分を相手に印象付けるというのが、このテクニックの狙いでしたね。

今回は、メール本文の中核となる部分、つまり、あなたが相手に伝えたい具体的なメッセージを書く部分についてお話します。

前回のトピックでは、本文の最初と最後に自分の名前を入れる印象付け作業を忘れなければ、本文の中核はあなたの好きなように書いてくださいと言いました。

しかし、実際は違うんですよ。この部分も実は注意しなければならない重要なポイントがあるんです。

前回は、トピックの内容が理解しづらくなることを考えて、あえて説明すを避けましたが、今回はこの部分について詳しくお話します。

まず、はじめに言っておきたいことは、ダラダラと長い文章のメールは嫌われるといことです。

本文の最初と最後に自分の名前を入れたら、中核となる部分はできるだけ短い文章であなたの伝えたいことを端的に書きます。


とくにケイタイでメールを送る場合、その画面が小さいことから、文章が長くなればなるほど下方向にスクロールしなければならず、文章が非常に読みずらくなります。

そのうえ、メールを受信する側は、基本的にパケット料金がかかります。長い文章だと受信するパケットサイズが大きくなり、それに比例して相手は高いパケット料金を請求されることになります。


最近では、パケット定額サービスなど便利なサービスも登場してきていますが、まだまだケイタイではパケット料金が発生するケースが多く存在します。

もてる女のメール術


秘密を共有するメールの効果
「もしも」メールで盛り上げる
共感、反発するメール
メール嫌いな人メールテクニク
メールを続けるためのテクニク
彼のメルアド手入れるテクニク
最初と最後で自分を売り込む
メールは短く端的メルテクの則
次回のメールへ繋げるメール
メールは絵文字で印象を持たる
メールで悩みや相談をする注意
彼はメールの返事をくれないか
文字にもちゃんと表情がある
男はメールにこだわらないい!
彼女がいるか一瞬でわかる一言
話をつなげることを考えよう
男ウケメールは第一印象が大切
相手が貰って嬉しいメールをく
男の想像力を刺激するメール方
メールで自分を売り込む方法!
男心をつかむモテル女のメー術

     TOP恋愛テクニックもてる女の容姿 男の恋愛心理メール術スタイルアップ術

ナビゲーション



             copyright©2011 もてる女の条件all rights reserve