本文へスキップ



  もてる女の条件

       もてる女のメール術




彼女がいるか一瞬でわかる一言




     


恋愛 結婚情報






































トップ
 
お目当ての彼からメルアドゲット!その後のメールのやり取りもめっちゃ順調!!

でも…不安はある。それは、彼に彼女がいるかどうかということ!
もちろん、そんなことは直接彼に聞けばわかることだけど…でも、様子見の段階でいきなり直球勝負はしたくない。

おそらく、こんな経験がある人は多いかと思います。とくに、大好きな人と知り合ったばかりの頃って、こんな不安が頭の中をグルグルと駆け巡って、いてもたってもいられなくなるときがよくありますよね。私にも経験があります。

でも、安心してください。ちゃんとあるんですよ☆彼女がいるかどうか?即座にわかっちゃうよい方法が!やり方も簡単ですよ。

まず、軽めの質問メールを彼に送ります。内容は何でもいいんですけど、できるだけ彼が答えやすい内容にしてくださいね。

ここで送るメールは、あとで彼に彼女がいるかどうかを確認するためのもの。質問はあくまでもそのための仕込みです。

たとえば、こんな感じのメールを送ります。

「モテ男くん、PC詳しかったよね☆」
「どうしてもわからない事があるんだけどぉ…」
「よかったら教えて(≧人≦)ぉ願ぃしましゅ」

こんな軽めの質問メールなら、彼も気軽に答えられますよね♪


このメールのポイントは、彼の得意分野でできるだけ回答しやすいメールを送ることです。そのあとのやり取りは、メールでもリアルでもかまいませんが、彼が質問に答えてくれたらスグに次のような返事を送ります。

「さっきはどうもありがとうぉ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ」
「モテ男くんスゴイね☆ホント助かりましたぁ」
「こんな頼りになる人が傍にいて、モテ男くんの彼女がうらやましぃよ☆」


このメールのポイント、どこだかわかりますか?ヒントは彼に彼女がいるかどうかの探りを入れている部分です。

もう、わかりますよね。はい、この部分です。

「…モテ男くんの彼女がうらやましぃよ」
じつは、ここがポイントなんです。

こう言われると大抵の男性は、次のようなメールを返してきます。
「どういたしまして」
「いやいや、そうでもないよ」

もしくは…
「どういたしまして」
「でも俺、彼女いないんだ」

つまり、彼に彼女がいる場合にはそのことを肯定する返事を返してきますし、いない場合にはそのことを否定する返事を返してきます。

また、もし彼女について何も書かれていない場合には、すでに彼女がいるか、残念ながらあなたに興味がないかのどちらかです。


男性は自分に彼女がいるか、もしくはあなたに興味がない場合、わざわざそのことを言葉に出さないことがよくあります。

しかし、あなたに興味があって、彼に本当に彼女がいない場合、大抵の男性は必ずと言っていいほどこう答えてきます。

「俺、彼女いないんだ」

わかります?このニュアンス。つまり、男性側も自分に彼女がいないことを伝えることで、間接的に自分を売り込んでいるわけですよ。

まぁ、全部が全部というわけではないですが、その可能性はかなり高いといえます。

さて、これでメールチェックは完了です。彼に彼女がいないことがわかったら、さっそく自己PRをしていきましょう。ただし、最初のうちは情報を小出しにして、

徐々に自分を売り込んでいくのがコツです。

はじめは、はこんな感じで十分です。
「モテ男くん、彼女いないんだ」
「あたし、ぜったい彼女いると思ってたよ」
「でもちょとウレシイかも」

これくらいで十分アピールになります。あまりしつこいと男性も引いてしまうし、逆効果ですから注意してくださいね。

ほんと小さな一歩ですが、そんな一歩から恋の可能性は広がるものですよ。

もてる女のメール術


秘密を共有するメールの効果
「もしも」メールで盛り上げる
共感、反発するメール
メール嫌いな人メールテクニク
メールを続けるためのテクニク
彼のメルアド手入れるテクニク
最初と最後で自分を売り込む
メールは短く端的メルテクの則
次回のメールへ繋げるメール
メールは絵文字で印象を持たる
メールで悩みや相談をする注意
彼はメールの返事をくれないか
文字にもちゃんと表情がある
男はメールにこだわらないい!
彼女がいるか一瞬でわかる一言
話をつなげることを考えよう
男ウケメールは第一印象が大切
相手が貰って嬉しいメールをく
男の想像力を刺激するメール方
メールで自分を売り込む方法!
男心をつかむモテル女のメー術


     TOP恋愛テクニックもてる女の容姿 男の恋愛心理メール術スタイルアップ術

ナビゲーション



             copyright©2011 もてる女の条件all rights reserve